桑名市の自由設計 木造住宅 『カネカウッドホーム』

木の香り、癒し安らげる「こだわり」の木造住宅。 45年以上の木材業と30年以上の建築業の ノウハウを活かした地域密着の工務店。 ログハウス風から近代的なデザインまで お客様のニーズにお応えします。

ありがとうございました。

10月27日、28日
いなべ市にて構造見学会でした
沢山の方にご来場いただき、誠にありがとうございました。

こだわりをもった自由設計の木造住宅を手掛ける
カネカウッドホームです。





今回の見学のポイントは
 耐震性に優れたベタ基礎
 シロアリ対策で土台はヒバ材と基礎パッキン、鋼製束を使用
 耐震等級2相当の設計
 外周プラスターボード二重貼り

28日のみ

一級建築士による設計相談
でした。

普段見ることのできない柱、金物、断熱材を見学していただき
説明をさせて頂きました。

見学いただいた方にはとても勉強になったのでは・・・
と思います。



次回は1月頃に
完成見学会を予定しております!!


詳細が決まり次第報告させてもらいますので
是非チェックしてくださいね




相談、見積もりは無料です

カネカウッドホームは家造り25年の実績と
40年以上続く材木屋が木にこだわった「自然派タイプの家」を創っています。
木のこと、省エネ住宅なら是非カネカウッドホームへ

〒511-0836
三重県桑名市大字江場494-5
株式会社 カネカ
カネカウッドホーム

0120-117-683
kaneka@sky.bbexcite.jp
HP http://www.kaneka-co.jp/






金物

こんにちは
こだわりをもった自由設計の木造住宅を手掛ける
カネカウッドホームです


いなべ市で新築工事中のI様邸の
金物
の取り付けが終了しました★☆




金物
にはいくつか種類があります


筋交い金物

水平力に抵抗するための補強材
である筋交いの
接合部に取り付けられる接合金物のこと。

木造軸組工法(在来工法)の住宅では地震などの水平力に抵抗する補強材として筋交いを使用します。
ですがもし筋交いが外れてしまっては意味がありません。

そこで筋交い金物を使用して、筋交いの接合部をより強力に固定しておくことが重要になります。


ひねり金物

屋根の下地である垂木を母屋や桁などに固定
する時などに使用される金物です。
ひねり金物をしっかりとりつけることによって、垂木が母屋や桁などの構造体とガッチリ固定され強風で屋根が吹き飛ばされることを防ぐ働きがあります。

木造住宅の屋根などにおいてひねり金物は最も多くしようされる金物と言えます。
桁だけでなく母屋にもひねり金物を設置することでより屋根の強度を高めることができます。


ホールダウン金物

地震の時などに柱が土台から抜けないようにしっかり固定
するための接合金物のことです。
家の建物の四隅部分など、地震の時に特に強く力を受ける部分に取りつけられます

また一階とニ階など上下階の柱同士の緊結にホールダウン金物を使用する場合もあります。
地震に強い住宅にするにはホールダウン金物やアンカーボルトを使用して土台や柱などの構造躯体を基礎 にしっかり固定することが重要です。


羽子板ボルト

羽子板状の鋼板にボルトを溶接したもので、柱・胴差し、梁と軒桁などの仕口部分を緊結する接合金物です。

羽子板ボルトは胴差し・梁・桁などの構造材同士が直交する場所に取り付けられる為、木造軸組住宅で最も多く使用される接合金物の一つです。




10月27日、28日の構造見学会は、
この金物が実物で見れるチャンスです

興味のある方は是非構造見学会へお越し下さい!!


カネカウッドホームは家造り25年の実績と
40年以上続く材木屋が木にこだわった「自然派タイプの家」を創っています。
木のこと、省エネ住宅なら是非カネカウッドホームへ

〒511-0836
三重県桑名市大字江場494-5
株式会社 カネカ
カネカウッドホーム

0120-117-683
kaneka@sky.bbexcite.jp
HP http://www.kaneka-co.jp/





上棟

こだわりをもった自由設計の木造住宅を手掛ける
カネカウッドホームです。


I様邸の上棟が終わりました










上棟
とは、

屋根の一番上の部材である棟木を取り付ける(上げる)こと

土台の基礎工事が終わり、骨組みを組み立てて棟木を上げるときにおこなわれるのが上棟祭(じょうとうさい)です。
 
桁と水平で、屋根の一番上に取り付けられるのが棟木
これが上がった日には上棟式という儀式が行われることが多く、
「建前」
とも言います。

棟梁が取り仕切り、棟木に幣束(へいぐし)を立て、破魔矢を飾ります。

続いて塩、酒、米で四方を清め、
祭典では家屋の守護神および工匠の神をまつり、
新築される家に災いがおこらないようにお祈りします


取り仕切るのはあくまで棟梁だが、この儀式は施主が工事関係者をもてなす意味が強く、祝儀を包むこともありあます。


10月27日、28日に構造見学会を予定しています。

見どころは・・・


 耐震性に優れたベタ基礎
 シロアリ対策で土台はヒバ材と基礎パッキン、鋼製束を使用
 耐震等級2相当の設計
 外周プラスターボード二重貼り

完成見学会では見ることのできない場所ばかりです

是非この機会にカネカウッドホームの手がける家を
見学してみて下さい

28日
には1級建築士による
設計相談会
も実施致します!!

気になる間取りや構造などお気軽にご相談ください





相談、見積もりは無料です

カネカウッドホームは家造り25年の実績と
40年以上続く材木屋が木にこだわった「自然派タイプの家」を創っています。
木のこと、省エネ住宅なら是非カネカウッドホームへ

〒511-0836
三重県桑名市大字江場494-5
株式会社 カネカ
カネカウッドホーム

0120-117-683
kaneka@sky.bbexcite.jp
HP http://www.kaneka-co.jp/






基礎工事

こだわりをもった自由設計の木造住宅を手掛ける
カネカウッドホームです。


I様邸の基礎工事が終了しました










建物下の地盤全体に鉄筋を配筋し、
そこにコンクリートを流し込む「ベタ基礎工法」です。




ベタ基礎工法」は、地盤に施工された鉄筋コンクリート面全体で建物を支える構造になっているため、地震や台風などの衝撃を効果的に地盤へ逃がすことができます。

しかも、軟弱地盤でも「不同沈下(地盤が不均等に沈下してしまう現象)」を起こしません。

地面をコンクリートで覆うので防蟻対策としても有効で、地面からの水蒸気を防ぐ効果もあります。



基礎工事の種類は、

構造により「独立基礎工法」、「布基礎工法」、「ベタ基礎工法」の3種類に分けられます。

一般的な一戸建て住宅に用いられるのは、「布基礎工法」と「ベタ基礎工法」です。

布基礎工法」とは建物の外周部分と壁の通る部分にのみ基礎工事を行う方法、「ベタ基礎工法」とは建物下の地盤全体に基礎工事を行う方法です。

面で家を支える構造の「ベタ基礎工法」は、線で家を支える構造の「布基礎工法」より工事費用は掛かりますが、耐震性に優れた強い家を建築することができ、また、軟弱地盤でも「不同沈下(地盤が不均等に沈下してしまう現象)」を起こしません。

最近は、一般的な一戸建て住宅でも耐震性を重視する傾向にあり、特に阪神淡路大震災以降、住宅の基礎工事の主流は「布基礎工法」から「ベタ基礎工法」に移行しつつあります。




10月27日、28日に構造見学会を予定しています!!


相談、見積もりは無料です

カネカウッドホームは家造り25年の実績と
40年以上続く材木屋が木にこだわった「自然派タイプの家」を創っています。
木のこと、省エネ住宅なら是非カネカウッドホームへ

〒511-0836
三重県桑名市大字江場494-5
株式会社 カネカ
カネカウッドホーム

0120-117-683
kaneka@sky.bbexcite.jp
HP http://www.kaneka-co.jp/






無垢

こだわりをもった自由設計の木造住宅を手掛ける
カネカウッドホームです。


今日は無垢についてです

人にとって本当に住みやすい住宅とは、五感に優しく、
環境に優しい、いわば「心地よい住まい」であると、
私たちは考えます。

私たちは、これまで「無垢材」によって、
この「心地よい住まい」を提案してまいりました。

自然の木が持つ温もり、天然の調湿作用、
有害物質を出さない健康な住宅・・・

無垢材」はまさに、「心地よい住まい」を形作る
心地よい素材」そのものなのです。




無垢の特徴


健康増進

住む人の体にやさしく、
健康を増進
できる住まいづくり。

環境との共生

気候風土に調和し、
地球に優しい
住まいづくり。

高い耐久性

ライフサイクルに応じて
柔軟に変化
する住まいづくり。

ユニバーサルデザインへの対応

お子様からお年寄りまで、
快適の永く
住みつづけられる住まいづくり。


木が呼吸する

ダニやカビが、アトピーや鼻炎など多くの
アレルギー性疾病の原因となることは知られていますが、
過度な高気密や換気不足などによる高湿度や結露が
その発生を促進しています。

木は、湿度が多い日は、水分を吸収し、
低い日はそれを放出するという
自然のエアコン効果
を持っています。

ホルムアルデヒドの放出がほとんどない!

化学物質過敏症の方は、過剰に反応してしまう
可能性のあるホルムアルデヒドを放出しません。
木材は、天然成分としてホルムアルデヒドを
含む場合がありますが、その放散量は極々わずかで、
多くの果物や食肉に含まれているのと同様に問題視されていません。





カネカウッドホームは無垢材使用が標準です
!!


相談、見積もりは無料です

カネカウッドホームは家造り25年の実績と
40年以上続く材木屋が木にこだわった「自然派タイプの家」を創っています。
木のこと、省エネ住宅なら是非カネカウッドホームへ

〒511-0836
三重県桑名市大字江場494-5
株式会社 カネカ
カネカウッドホーム

0120-117-683
kaneka@sky.bbexcite.jp
HP http://www.kaneka-co.jp/









 | HOME |  »

プロフィール

株式会社 カネカ

Author:株式会社 カネカ
〒511-0836
三重県桑名市江場494-5
(ハウジングセンター東隣)

第20回 TH大賞
<リフォーム部門>
地域最優秀賞 受賞(2010.3)

各地域の中で最も
優れた作品に贈られる
賞です。
(中部地区の中で
1社が選ばれます)


カテゴリー


検索フォーム


月別アーカイブ


DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

エントリー


リンク


RSSリンク